令和初の夏!納涼祭2019

2019年8月21日

こんにちは。 精神科デイケアひまわりの精神保健福祉士です。

まだまだ残暑の厳しい日が続いていますね。

先日精神科デイケアひまわりでは納涼祭を行いました。

毎年恒例の行事ですが、室内の飾り付けや、ゲーム屋台、そしてデザートなどの食べ物屋台をメンバーさんたちと企画し、準備を進めていきます。 今回のデザート屋台は、5月から始まったサークル「お手軽食」のメンバーさんが中心となって行いました。

今回は大ブームのタピオカミルクティーやチョコバナナ、パフェを作ることに。

試作をして当日を迎え、メンバーの皆さんの協力体制もばっちり!

タピオカは初めて!という方も多くいて、そのモチモチした歯ごたえを楽しんだようです。

ほかにも、射的や、スーパーボールすくい、魚釣りゲームや輪投げ、ボーリングなど、手作りのゲームを楽しむことができました。

さらに5月から始動し、練習を重ねてきた音楽サークルより、合唱の発表もありました。

また、室内は浴衣・提灯・スイカのガーランドや風車で夏のお祭りらしく、華やかに飾り付けられており、さらにメンバーKさんを中心とした「手作りおみこし」が、今回の納涼祭のシンボルになりました。

羽を大きく広げる「鳳凰」が素晴らしい出来です(段ボール製なんですよ!)。

企画から準備、当日の運営についても、メンバーの皆さんと作り上げた納涼祭・・・。

たくさんの方の笑顔が見られ、楽しむことができ、大きな達成感を感じることができたイベントになりました。