復職支援クローバーのブログ カテゴリー一覧

‘復職支援クローバーのブログ’ カテゴリー

皆様こんにちは。復職支援デイケアクローバーの作業療法士です。
先日、「怒りとの上手な付き合い方(アンガーマネジメント)」のというテーマでプログラムを実施しましたので報告いたします。

系列の浦和すずのきクリニックで臨床心理として勤務しているスタッフを講師として招きました。

講義では
 ・怒りの仕組み
 ・自分の怒りとの付き合い方
 ・相手の怒りを受けるときのポイント

などをワークを交えながら説明を受けました。

スライドの一部です。
そもそも感情や気分がどのような構造で発生するのかといった怒り以外にも関連性、汎用性のある解説もあり、参考になりました。

特に利用者の方の興味を引いていたのが、「怒りの仕組み」についてでした。
   
    『怒り』は単体で存在しているのではない。
    その背景には物事や他者に対する『期待』『理想』『常識』などがあり、
    それらが伝わらない、うまくいかない時を『脅威』と捉え防衛システム
    として『怒り』が発生している。

という内容です。

こういった怒りの成り立ちを知るだけでも、「怒り」との付き合い方に希望が見えてきますよね。

また、講義を受けた利用者の声の感想を一部ご紹介いたします。
  「怒りの発生の前には別の感情が含まれていることを知った。」
  「自分の怒り状態を鎮める方法がすぐにでも使えそうで役だった。」
  「怒りや不愉快な気持ちは人間にとって必要なものであることが分かった。」
  「自分の怒りを感じやすいポイントを見つけられた。」

クローバーでは定期的な勉強会や今回のような特別講義も含め、皆様の復職の土台となる『病気との付き合い方に関する基礎知識』にも焦点を当てたプログラムを多く行っております。
多くの方がご自分の病気との付き合い方や復職のために何をしていけばよいか悩まれると思います。そういった時に『知識』があることでその先の対処や工夫に目を向けやすくなる面があると考えられます。
さらにクローバーでは一般的な知識をより個人の状況に合わせて整理、活用していく方法を検討し、再発予防につなげていきます。

みなさま、こんにちは。クローバーの心理職です。

今回は、先日行った夏の合同自主課題の様子をお伝えします。

合同自主課題とは“数人のグループに分かれ、課題に力を合わせて取り組むプログラム”です。

毎年、夏の時期は「夏のイベントの企画運営」というテーマで取り組んでいただいているのですが、今年は新型コロナウィルスの影響を考慮し、感染対策を取り入れたテーマとなりました。

今回の課題テーマは、

「室内で行うペタンク・ラダーゲッターを使ったゲームを考える」

でした。

参加メンバーの皆さんは、5人のグループ2つに分かれ、新たなゲームを考案するところから、当日の実施まで取り組みました。

実戦前にルール説明を真剣に聞く皆さん

実施の当日は、中間発表でもらった意見を踏まえて、ゲームの方法や飾り、発表の仕方など様々な工夫がされており、スタッフ含め皆さんとっても楽しんでいらっしゃいました。

ドラマチックペタンク(通称「ドラペタ」)では、トラップがゲームの鍵となっていました
「三角ベース」では、「守備カード」で相手の投げ方を制限できました。
こちらは「傘で打つ」カードを発動させた場面です

ゲーム中は密を避ける距離感や換気を意識し、ゲームを行った後は、使った道具の消毒もバッチリ行いました。

例年に比べて気にしなくてはならない点も多かったのですが、外出できない鬱憤や落ち込んでしまう気持ちなどを少しでも忘れられる一日になっていたら嬉しいです。

課題に取り組んだ後は、実施当日も含め、それまでの打ち合わせなどのチームと個人の振り返りをしていきます。

まだまだ暑い日が続きますが、みなさまもご自愛ください。

皆さんこんにちは!復職支援デイケア「クローバー」の作業療法士です。
気温の高い日も多く、本格的に夏を感じることも増えましたね。
クローバーではそんな暑い中でも身体を動かす機会として、室内スポーツのプログラムを設けています。
今回は「ラダーゲッター」という種目についてご紹介します♪

ラダーとははしごという意味で、はしご状の的に向かって、ひもがついているボールを投げて引っ掛けることで得点を競うゲームです。

振り子のように投げるので、ボールの重さや少しの方向の違いで予想通りの場所にいかないことも多いです。逆にその要素が偶然の面白さを誘い、万人が楽しめるゲームになっているようです。

通常は1点2点3点の3段階ですが、バウンドしてからひっかかると5点、かかりにくい縦の支柱にかかると30点(‼)という得点のふり幅も戦略を考えるうえで楽しいポイントです。

個人ではなく数人のチーム制で行うため、作戦会議があったり、ゲーム展開に合わせてねらいを考えるといった少し頭をひねるような要素もあり、頭と体を気軽に動かせるところも魅力です。

〇チームで目的を目指す一体感
〇目的が達成できた達成感
〇思わぬ展開の面白さ、それを共有できる楽しさ
〇自身の意外な力の発揮、他者の力の発見

・・・・といった仕事に通じる要素も実は含まれています。
仕事もゲームのように・・・と単準にはいきませんが、他者との協力や集団だからこそ起こる出来事にも焦点をあてると仕事の面白さの側面が広がるかもしれない、とスタッフとしても感じています。

***本日のアロマ***

2020年6月29日

みなさんこんにちは!復職支援デイケア「クローバー」の作業療法士です。
梅雨になり体調の変化を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
少しでも快適に過ごせるように体調や環境の工夫が必要だと実感してます。

今回は毎週月曜日AMに行っているアロマプログラムの1コマを紹介いたします。
不快な体感や気分を少しでもリフレッシュするきっかけになれば嬉しいです!

«アロマプログラムの流れ»
①本日のブレンドの紹介
②リンパマッサージ
③ハンドマッサージ
④全身・部位・お悩み別ストレッチ
⑤呼吸法・自己統制法

«本日のブレンド

以下、講師のコメントの抜粋です♪

【ティーツリー】
・南半球のラベンダーと呼ばれるほどメジャーな精油の一つ
・木の香りが強い
・殺菌効果
・虫刺されなどにも有効

【ラベンダー】
・老化や体の不調を引き起こす酵素の働きを抑える効果
・肌荒れ、ニキビ、水虫などの不調にも効果的

アロマプログラムでは…
香りでリフレッシュ、精油の効能で体や気分が楽になるきっかけを作ることができます。毎週ブレンドが変わるので、アロマの知識が増えたり、自分の好きな香り、リラックスする感覚がたくさん積み重なっていきます。
また、月曜日の憂鬱な気持ちを少し助けてくれるようなプログラムでもあります。
利用者の多くの方が、参加するごとにアロマの魅力にはまっている印象です♪ 今後もアロマのブレンドについて紹介していきたいと思います。

利用者の多くの方が、参加するごとにアロマの魅力にはまっている印象です♪
今後もアロマのブレンドについて紹介していきたいと思います。

皆様こんにちは。復職支援デイケア「クローバー」の作業療法士です!
新型コロナウイルスの影響による外出自粛が続き、身体のなまりを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そのような状況が続くと体を動かすことの大切さ、必要性に改めて気づかされます。

クローバーでは以前より、毎週金曜日「スポーツ」のプログラムを取り入れています。エアロビ、室内スポーツ(ペタンク・ラダーゲッター)、ウォーキングなど。
さらに先月から新しいスポーツプログラムが開始となりましたので紹介いたします。

その名も…『コンディショニング・エクササイズ』です!!

現在は新型コロナウイルス感染予防のため椅子でできる動きがメインですが、情勢に応じてヨガマットを使うことも検討しています。

激しく体を動かして汗をかくというよりは、ストレッチをメインにして自分の体の状態、変化をじっくりと感じられるような内容となっています。
スポーツインストラクターの講師が体の動かし方を丁寧に教えてくれるので、「運動が苦手」「体が硬い」「何年も運動していない」といった方でも参加しやすくなっています。

スポーツプログラムにはいくつか特色や目的があります
・身体を動かすことによる気分転換
・自分の身体を観察、意識的に操作することにより、心身の変化に気づくきっかけとなる
・身体を通した情動の発散(ストレス解消)
・他者との協同作業(室内スポーツにて)

また、週末の金曜日にスポーツを取り入れることにも意味があります。
1週間のたまった疲れを発散的に開放する時間、他者との協力で楽しむ時間…そういった時間を過ごすことによって土日に気持ちよく入り、休養モードに入りやすくなるといった側面もあります。

運動をすると余計に疲れてしまうのではないかと考える方もいらっしゃると思いますが、一度運動の習慣や、運動後のすっきり感を味わうと活動のレパートリーに運動が必要な意味が少し理解できるかもしれません。百聞は一見にしかず!ということでこの機会にぜひ運動からご自分を振り返る機会を作ってみてください♪