‘復職支援クローバーのブログ’ カテゴリー

合同自主課題のご報告

2019年12月26日

みなさま、こんにちは。
2019年最後のブログでは、合同自主課題の様子をお伝えします。
8月のブログでも紹介させて頂きましたが、合同自主課題とは“数人のグループに分かれ、課題に力を合わせて取り組むプログラム”です。毎年4月、8月、12月の年3回、1か月にわたって実施されています。
実際の仕事場面を意識したプログラムであるため、復職に向けた様々な気づきが得られる機会にもなっており、クローバーの中でも重要な位置を占めています。具体的には、以下のような事柄を狙いとしています。

————————————————————-
・グループの活動を通して、自分の特徴や考え方を見つめ直すこと
・納期のある課題を通して、仕事量や対人関係、焦りなどからくる疲れやストレスを把握すること
・他者やグループ内の協力・連携について体験し、考える機会とすること
・「報告・連絡・相談」といったコミュニケーションについて試行してみること
・自身がどんな働き方をすればよいかなどを考えるきっかけやヒントをつかむこと

————————————————————-

今回の課題テーマは、『大宮駅のイベントスペースを使用した、「防災の啓発」を目的とした 2日間のイベントを企画し、プレゼンテーションを行うこと』でした。(架空のイベントです)
メンバーの皆さんは、5~6人の3グループに分かれて課題に取り組みました。課題テーマ提示から2週間後に中間発表、そのまた2週間後が本番発表となります。
タイトなスケジュールではありますが、どのグループもミーティングを重ね、意見とアイデアを交換し合い、役割分担をし、発表に向けて準備を進めてきました。

ミーティングの様子
パワーポイント作り

中間発表の際に出た意見を踏まえ、さらなるブラッシュアップをして臨んだ本番発表は、どのグループも大変素晴らしかったです。内容はもちろんのこと、プレゼンテーションのやり方もグループそれぞれの工夫や個性が出ていて、非常に聞き応えがありました。 みなさん、本当にお疲れ様でした!! 発表終了後は、グループごとに振り返りのミーティングを行いました。振り返りでは、グループの良かった点やもっと工夫できた点を共有しあい、加えて自分自身の傾向について、他者からフィードバックを受けることができます。合同自主課題を通して、就業生活や集団活動、自分自身に関しての新たな気づきが得られていましたら、とても嬉しく思います。 それではみなさま、よいお年をお過ごし下さい。

みなさま、こんにちは。11月の下旬に、クローバーのスタッフで、埼玉県精神保健福祉協会が主催する「こころの健康講座」に参加してまいりました。今回は、その内容をご報告させて頂きます。

講師は、横浜労災病院の勤労者メンタルヘルスセンター長である山本晴義先生です。先生は、医師としての仕事だけでなく、「勤労者こころのメール相談」へも長年携わっておられます。講座では、先生の御体験を交えながら、勤労者のメンタルヘルスケアのために大切な視点や、対人支援職として心掛けておきたいことなど、様々なことを教えて頂きました。

うつについて、「”脳が疲れている状態”であり、”甘えや怠けではない”と自覚しよう」、「まずは焦らずゆっくりして、心のエネルギーを貯めること(休養、栄養、服薬)が回復の近道である」といったお話は、心の病が根性論で捉えられてしまう悲劇への予防になると感じました。また、メンタルヘルスケアの観点から、以下のようなお話がありました。

  • ストレスは”1日決算主義”の生活を意識しよう。
  • ストレッサーやストレス状態(身体・精神・行動)に気づき、それらをコントロールしていこう。
  • 自分なりの、自分が楽しんでできる、心が楽になるストレス解消法を持ち、日々(最低月イチでも)実践しよう。

これらはクローバーでも力を入れているポイントですが、やはりメンタルヘルスの維持のためには欠かせない視点なのだな、と改めて実感できました。メンバーさんも、スタッフも、クローバー全体で、自分の長所に目を向け、自分を大切にし、労わることを忘れないようにしたいと感じました。

クローバーという場所が、復職に向けて日々前進するみなさまのお役にたてるよう、これからも、スタッフ自身の研鑽を深めていきたいと思います。

アロマ「サシェ」作り

2019年10月31日

みなさんこんにちは。復職支援デイケア「クローバー」スタッフの作業療法士です!

復職支援デイケアでは、毎週月曜日にアロマセラピーのプログラムを行っています。
アロマセラピーを勉強された講師をお招きして、アロマを本格的、かつ手軽に生活に取り入れ、日々のリラックスに役立てることを目的に行っています。

物からとれる天然のオイル(精油)を用いることで、安全に心と体の不調を整えること、予防することができるといわれています。欧米では薬品として医学的なアプローチとしても積極的に利用されている療法です。
こちらの小瓶の中に製油が入っています。馴染みのあるような植物から、全く見聞きすることの無いものまで、たくさんの種類があります。精油はとてもデリケートで、一度開封すると酸化していき、香りが変化していくため、こういった遮光瓶に入れて、大切に保管しています。
心を落ち着かせる、気分を高揚させる、不安を和らげるなど心の不調から、風邪予防、肌を整える、自律神経を整えるなど体の不調にも効果があるとされています。各植物によって、効用が異なります。

数ヶ月に一度、アロマオイルを使って日用品を作るアロマクラフトのを設けています。
今回は「サシェ(におい袋)」を作成しました!
靴箱や、クローゼットに忍ばせて香りを楽しめる、日常使いのしやすいクラフトです。

好きな香りの精油をご自分で調合し、コットンに染み込ませ、かわいらしい不織布で包んで完成です。普段、自分の好きな香りを好きなように組み合わせられる機会はあまりないため、皆さん真剣に、香りや効能を考えて調合していらっしゃいました。

週始めの月曜日の朝、憂うつな気分になったり、疲れが残っていたりと体調が万全でないことは誰しもが経験していると思います。
そんな中でも復職に向けて、リワークに参加する気持ちを少し後押しできればという思いもあって、月曜日の朝にアロマセラピーを実施しています。
通常は、講師の調合したアロマオイルを使って、ハンドマッサージをしたり、全身をほぐすストレッチ、思念を整理する自己統制法などを行って、心身をリラックスさせていきます。

リワークのプログラムがきっかけで、日常生活にアロマを取り入れているという声を多く耳にします。休職中だけでなく、復職後のリラックスにも役立てて下さっているようで、嬉しく思います。

土曜日の座談会

2019年9月21日

みなさま、こんにちは。

今回は、土曜日のクローバーで開催している”座談会”についてご紹介します。

クローバーでは、平日に加えて第1・3・5土曜を開室しています。 土曜日は主に、クローバーを卒業して復職された方が、フォローアップの場としてご利用されています。

慌ただしく過ぎていく毎日の生活の中では、大なり小なり、様々なモヤモヤが心の中に募りますよね。そうしたモヤモヤをため込んでいると、気分が落ち込んでいったり、身体的な不調として現れやすくなります。

座談会は、設定されたテーマをもとに、みなさんが心のモヤモヤを吐き出し、自由に話ができるプログラムです。毎回、4~5人のチームに分かれて実施しています。

ただ話すだけ?と思われるかもしれませんが、クローバー卒業生のみなさんは、休職という同じ経験を持つ仲間同士です。だからこそ、悩みを本音で話しやすい、親身になって聞いてもらえる、心からの共感が得られやすいというメリットがあります♪ 

ある日のテーマ例
座談会の様子
とても和やかな雰囲気です

昨年の3月に始まってから1年半がたちますが、以下のような感想を頂いています。

  • クローバーで取り組んだことを思い出すきっかけになっている。復職して時間が経ったり、仕事が忙しかったりするとどうしても忘れてしまうので。
  • 誰かに気を遣うことなく、自分の話したいことが話せる。職場や家族、友人には言いづらいことも、自分と似た境遇を経験してきた仲間が相手だと安心できる。
  • 心の解放、リラックスになっている。座談会で話すことが、わずかでも仕事に活きているように思う。
  • 『話すことを求めているんだな』、という自覚が出来た。

「こんな話をみんなに聞いてもらうのは申し訳ない」「場を暗い雰囲気にしたくない」といった気持ちから、語ることを遠慮してしまう方は、実は少なくありません。ですが、心のモヤモヤを吐き出して誰かに聞いてもらうことや、共感を得られることは、それだけでもストレス対処という面で大きな効果があるものです。

土曜日の座談会を上手に活用してみませんか?みなさんの参加をお待ちしています!

皆さんこんにちは!復職支援デイケア「クローバー」の作業療法士です。
今回は毎年恒例のクローバー夏イベントについてご報告いたします。

クローバーでは「合同自主課題」という、数人のグループに分かれて課題に取り組むプログラムが行われています。夏期は「夏のイベントの企画運営」というテーマでリワーク利用中のメンバーに自らイベントを企画、実行していく課題が恒例となっています。イベント実施と並行して、計画、準備、実行、振り返りのプロセスを通し、より仕事に近い環境の中で『他者との協働作業』『自身の作業パフォーマンス』『復職への課題』『再発予防策の実践』等、個人の目標にも取り組んでいけるプログラムとなっています。

テスト
今年のテーマは
「和を以って尊しと成す~Harmony is the greatest of virtues.~」
夏イベントをきっかけに利用者同士の交流を深めていきたい・・・と実行委員が考えました。また、OB・OGにも参加の声掛けをし、数名の参加がありました。

今回は3種類のチーム対抗のゲームを用意し、毎回チームわけを変更するという工夫が特徴的でした。どのゲームも実行委員の工夫がたくさん感じられ、大変楽しいイベントになりました。

【①風船割り危機一髪】
目隠しをして、風船を狙うゲーム。スイカにあたると減点というユニークなルールでした。対抗チームは惑わすように声掛けをするなど、防御の楽しさもありました。
【②有名人名前当て伝言ゲーム】
チームの先頭者だけが有名人の写真を見て、答えを伝言していくゲーム。先頭者が答えが分からない場合は回答者をバトンタッチ!いかに早く正確に伝えるかがポイントでした♪
【③ラダ鉄】
普段のスポーツでおなじみのラダーゲッターを使った鉄道すごろく。ゴムのボールが両端についたひもを枠にかけて点数を競うゲームです。今回は獲得した点数に応じてマスを進めるルールです。イベントマスにとまると得点の増減に関わるカードを引け、予想外の内容に皆さんハラハラドキドキでした!

3つのゲームの終わりには表彰式が行われ、ゲームごとの優勝チームの表彰、MVPの発表がありました。また、終了後に参加者へのアンケートが行われるなど、しっかりと計画だてて段取りを考えてくださいました。

実行委員の皆さんは最後まで片づけを行い、達成感漂う後ろ姿で帰宅されていきました。

当日のイベントは大盛り上がりで幕を閉じました。参加メンバーからは実行委員を労う言葉や感謝、楽しかったという感想が聞かれました。
今後はイベントの企画、準備、運営を通して、チームと個人の振り返りを行います。自身の目標の達成度、対処に困った点、対処できた点などをメンバー同士で意見交換し、復職への取り組みをさらに深めていきます。