高齢者デイケアスタッフブログ カテゴリー一覧

‘高齢者デイケアスタッフブログ’ カテゴリー

こんにちは。大宮すずのきクリニック 高齢者デイケアの精神保健福祉士です。

ホームページでもお知らせ致しましたが、この度コロナ感染者が発生した関係で一週間デイケアをお休みさせていただきました。利用者の皆様、ご家族様、関係機関の皆様にはご心配とご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ありませんでした。

皆様のおかげで、2/15(月)に無事に再開することができました。今後も感染予防対策をしっかりと行っていきますので、よろしくお願いいたします。

さて、感染予防で真っ先に出てくるのは手洗い、うがい、マスクがあるかと思います。今回はマスクについてお話します。今やマスクをするのが当たり前、見渡してみると色々な種類のマスクがありますね。お店でもたくさんのマスクが並んでいます。素材も様々。布、ガーゼ、不織布などなど。

テレビでも取り上げられていますが、マスクは素材によってウイルスのカット率が変わります。一番カット率が高いのは不織布だそうです。着け方によっても変わりますので、正しく着けることも大切ですね。

緊急事態宣言は続いていますので、気を抜かず、コロナに負けないように過ごしましょう。

今年も蝋梅が咲きました。去年も同じ蝋梅の写真を載せましたが、一年が経つのは早いですね。私たちはコロナで大きく揺れ動いていますが、自然は変わりなく時を刻んでいてたくましいなと感じます。

こんにちは。高齢者デイケアの精神保健福祉士です。今日はデイサービスとデイケアの違いについて簡単に書きます。いずれも通所施設です。デイサービスは数が多くて認知度が高いですがデイケアは数が少なくて認知度が低いように思います。実は私も精神保健福祉士の勉強中に高齢者デイケアに実習に行くことになって初めてその存在を知ったんです。ちょっとややこしいのはデイケアと言っても重度認知症患者デイケアと通所型リハビリテーション(デイケア)があるんです。大きな違いは重度認知症患者デイケアは医療保険を使う施設ですが通所型リハビリテーション(デイケア)はデイサービスと同様、介護保険を使う施設です。デイサービスよりリハビリテーション中心と言われています。でも各施設ともサービスが多様化しているので実際に確認してみてくださいね。本院は医療保険を使う重度認知症患者デイケアになります。メリットは認知症の治療と生活のリハビリが出来ることです。デイケア中に定期診察が受けられ、薬も受け取れます。他での介護保険サービスの利用と併用して医療保険で利用できます。詳細は本院のパンフレットをご覧になってください。また、ご見学の希望などあればご連絡下さい。

職員勉強会

2020年12月26日

コロナ感染防止対策と日々向き合う中、春に開催出来なかった研修の代わりに、院内職員向けの勉強会を開催しました。

内容は、「認知症サポーター養成講座」「重度認知症患者デイケアの治療的効果」「自立支援医療について」の3本立てで、精神保健福祉士と作業療法士が講師となって行いました。

常勤職員のみならず、事務や送迎スタッフ含め、総勢約20名が参加しました。

新年を前に、私たちの業務が、地域の認知症の方々を支えていることを、改めて自覚する良い機会となりました。

大変な一年でしたが、利用者様やそのご家族から頂く言葉や笑顔が、我々の励みにもなりました。ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

こんにちは。大宮すずのきクリニック高齢者デイケアの作業療法士です。

大宮すずのきでは、利用者様の健康増進を目的として、3つの新しいプログラムをスタートしましたので、ご報告致します。

新プログラム① 心身爽快スートレッチ

笑いとストレッチを通して、心身がスーッと爽快になることを目的としたプログラムです。ゆったりとした楽しい時間を通して利用者様の心と体をゆるめていきます。 利用者様からも「楽しかった。」と好感触です!

新プログラム② リフレッシュ体操

音楽に合わせて体を動かして、心身ともにリフレッシュすることを目的とした体操プログラムです。坂本九さんの「明日があるさ」の曲に合わせて体操をしました。 皆様自然と体を大きく動かせていました!

新プログラム③ 昼の会

午後のプログラム開始の前に、昼の会というプログラムを始めました!昼の会では、利用者様の活動促進を目的として、音楽に合わせて簡単な体操を行っています。 「昼の時間が暇だったから嬉しい。」と好評です♪

大宮すずのきでは、今後も感染対策もしつつ、利用者様の満足度を高められるような活動を取り入れていきます!

オレンジリング

2020年11月20日

こんにちは。高齢者デイケアの精神保健福祉士です。

気温が20℃を下回り、朝の風の冷たさに毎日驚くこともしばしば…

もっともっと寒い日がこれから来ると思うと、布団から出たくなくなります!

さて、私たちスタッフは日々研鑽を積んで、少しでも良い支援、リハビリ、治療につなげられるよう努力をしています。例えば社内研修などで知識を増やしていったり、さまざまな職種のスタッフたちと振り返りをしながら業務に取り組んでいます。

そんな中でも私が印象深い研修が「認知症サポーター講座」です。

認知症と言っても、現れる症状は様々で研修を受ける前は聞いたことがあっても実際にはわからないことだらけでした。研修を受けたことで、「そうだったのか…!!」と点と点の知識がつながったような気持ちで聞いていたのを思い出します。

研修を受けた人には認知症サポーターの証であるオレンジリングをもらうことができます。今も大切に家に飾っています。

そして私たちが認知症についての正しい知識を得たその次は、多くの人に認知症についての正しい理解を広めていけたらと思っています。