高齢者デイケアスタッフブログ カテゴリー一覧

‘高齢者デイケアスタッフブログ’ カテゴリー

障害福祉について

2021年9月28日

こんにちは。大宮すずのきクリニック 高齢者デイケアの精神保健福祉士です。
今月初め、コロナ禍の東京パラリンピックが終わりましたね。
今回は、「障害福祉」の法律について触れたいと思います。

日本の福祉制度に関する法整備は、次の順で行われました。
①身体障害者:1949年 身体障害者福祉法
②知的障害者:1960年 精神薄弱者福祉法
      (※現、知的障害者福祉法。制定当時の表現を使っています)
③精神障害者:1995年 精神保健福祉法
それぞれ、戦後、高度経済成長、障害者基本法の成立といった出来事があり制定されました。

障害者基本法では「障害者」の定義が、
①身体障害者
②知的障害者
③精神障害者
④その他の心身の機能の障害がある者
とされ、障害者に関する法律や制度の基本的な考え方が定められています。

このほかにも障害福祉に関する法律はあります。興味のある方は調べてみて下さい。法律はとっつきにくい…という方は、歴史から入ってみるのも良いいかもしれません。

ちなみに、当院は精神科です。
患者さんやその家族がよりよい生活を送るためにどうすればよいのか、一緒に考えていければと思っています。
当院でどんなことをしているのか、気になる方はホームページをご覧ください。

露草です。俳諧では蛍草と呼ばれます。
朝気が付くと道端の草に朝露がついているのを見かけるようになりました。
だんだんと季節が変わっていくのを感じますね。

皆様、こんにちは!高齢者デイケアの精神保健福祉士です。

今なおコロナ禍が続く中で皆様どうお過ごしいただいているでしょうか。
先日、外部での院内研修で社会福祉援助技術について学ぶ機会があったのですが、その中で特に印象が強かった「アサーティブネスコミュニケーション」について少し紹介をしていきたいと思います。          

「アサーティブネス」というのは相手を攻撃することなく、卑屈になって黙ることもなく、自分の意見や気持ちを相手にしっかりと伝えるためのコミュニケーションの考え方と方法です。1950年代に行動療法の一つとしてアメリカで形作られ、1980年代にヨーロッパ、1990年代に日本に入ってきた、個人コミュニケーションの一つでもあります。
アサーティブネスの基本となるのは「Iメッセージ」になります。
「YOU」「あなた」を主語にして伝えると喧嘩の構造になりやすくなるのに対し、「Iメッセージ」というのは、「私」や「I」という言葉を主語にして否定的な感情を伝えることで、自分自身の状態が相手に透けて見えるために喧嘩の構造に巻き込まれなくてすみ、自分の伝えたい感情が伝えられることができます。
分かりやすくするために例を取り扱っていきたいと思います。

・Y O Uメッセージの場合
「あなたは遊ぶ約束や一緒に旅行に行く約束も平気で破るよね。いい加減にしてくれない?」
では、上記のyouメッセージをIメッセージに書き換えてみましょう。
・Iメッセージの場合
「私は、あなたに予定を合わせて休みを取っているわけだから、急にキャンセルされるのは悲しいな。」
となります。
このようにYOUメッセージとIメッセージを比べてみると、Iメッセージの方が喧嘩の構造に発展しにくく、自分の伝えたい感情が明確に伝えられているかと思われます。

私自身、学生の頃にもアサーティブコミュニケーションについて学ぶ機会があったのですが、日常生活の中でIメッセージを意識しようと心掛けてはいるものの、感情が高ぶってしまい、Y O Uメッセージで伝えてしまうことがあったなと、研修を通して新たに再認識することができました。そのため、今後も医療デイケアで業務を行っていく中で、アサーティブコミュニケーションだけに限らず、研修での学びを日々の業務でも活かせるように、これからも精進していきたいと思います!

職員のワクチン接種が終了し、デイケアご利用者様のうち、現在80%以上の方が、今月中にワクチン接種を終える予定となっております。感染防止対策として利用者には、いくつかのプログラムを我慢して頂きながら、1年以上が経過してしまいました。

が、悪いことばかりではなく、代わりに立ち上げた新プログラムは、いずれも人気プログラムとなっています!!

これからも感染対策を継続しつつ、制限していたイベントや実習生の受け入れ等を、徐々に再開していければと考えております。

コロナに加え、猛暑との戦いが続く毎日ですが、オリンピック選手や大谷投手の活躍と、皆様の笑顔を励みに、前進していきたいと思います。

デジアナ文具

2021年6月15日

こんにちは。
高齢者デイケア精神保健福祉士です。

先日、テレビでこんな言葉を目にしました
みなさん知っていますか?

「デジアナ文具」です。

デジアナ文具とは、デジタルデータとアナログな記録法の両方の長所を生かして作られた文具のことだそうです。

どんなものか想像がつかないのと、私には無縁の文房具だな…と思っていましたが、なんと、今年の1位の商品が意外と身近な物ってことが判明し驚いています!
それは…
「テプラ」です。

昔から何気なく職場で使っているテプラですが、

今ではおしゃれなマスキングテープに印刷したり、柄や模様の入った印刷ができるものなど、いろいろと販売されているそうです。

ちなみに2位は「モバイルタップ」。

複数の電源を一度に使用できるもので、在宅ワークなどで活躍しているようです。

前からあるものだけど、「デジアナ」のように横文字になると急に消極的な気持ちになりますが、活用して効率のいい仕事ができたら…と思います!

「医療」とは

2021年5月31日

こんにちは。
大宮すずのきクリニック 精神保健福祉士です。

暑いかと思えば冷たい風が吹き、晴れているかと思えば雨が降り始め、変な天候が続いていますね。こういうときに体調を崩しやすいので、ご自愛ください。

先日、精神看護の教材を読む機会がありました。そこで目に入ったのが「ヘプロウ看護理論」という言葉です。
精神看護の母と呼ばれたヒルデガード・E・ヘプロウによる理論で、患者と看護師は信頼関係を築きながら、お互いに影響を与え合う存在であることを示しました。
「医療」というと専門職が提供する一方通行に思われがちですが、そうではありません。学校で習ったものはあくまでも基礎でありただの知識です。それを医療としていかに活用するのかは、一人ひとり異なる「人」である患者との人間関係で模索していくしかありません。

実際、医療デイケアで働く中でも利用者の方から学ぶことは多いですし、ご家族から教わることもあります。
専門職として、学ぶことを忘れずに精進しなければと改めて思いました。

ルピナス(別名:昇り藤)です。花言葉は「想像力」。
いろいろなことに想像力をはたらかせることが、
何かの糸口になることもあります。