新☆スポーツプログラム!

2020年5月30日

皆様こんにちは。復職支援デイケア「クローバー」の作業療法士です!
新型コロナウイルスの影響による外出自粛が続き、身体のなまりを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そのような状況が続くと体を動かすことの大切さ、必要性に改めて気づかされます。

クローバーでは以前より、毎週金曜日「スポーツ」のプログラムを取り入れています。エアロビ、室内スポーツ(ペタンク・ラダーゲッター)、ウォーキングなど。
さらに先月から新しいスポーツプログラムが開始となりましたので紹介いたします。

その名も…『コンディショニング・エクササイズ』です!!

現在は新型コロナウイルス感染予防のため椅子でできる動きがメインですが、情勢に応じてヨガマットを使うことも検討しています。

激しく体を動かして汗をかくというよりは、ストレッチをメインにして自分の体の状態、変化をじっくりと感じられるような内容となっています。
スポーツインストラクターの講師が体の動かし方を丁寧に教えてくれるので、「運動が苦手」「体が硬い」「何年も運動していない」といった方でも参加しやすくなっています。

スポーツプログラムにはいくつか特色や目的があります
・身体を動かすことによる気分転換
・自分の身体を観察、意識的に操作することにより、心身の変化に気づくきっかけとなる
・身体を通した情動の発散(ストレス解消)
・他者との協同作業(室内スポーツにて)

また、週末の金曜日にスポーツを取り入れることにも意味があります。
1週間のたまった疲れを発散的に開放する時間、他者との協力で楽しむ時間…そういった時間を過ごすことによって土日に気持ちよく入り、休養モードに入りやすくなるといった側面もあります。

運動をすると余計に疲れてしまうのではないかと考える方もいらっしゃると思いますが、一度運動の習慣や、運動後のすっきり感を味わうと活動のレパートリーに運動が必要な意味が少し理解できるかもしれません。百聞は一見にしかず!ということでこの機会にぜひ運動からご自分を振り返る機会を作ってみてください♪