アロマ「サシェ」作り

2019年10月31日

みなさんこんにちは。復職支援デイケア「クローバー」スタッフの作業療法士です!

復職支援デイケアでは、毎週月曜日にアロマセラピーのプログラムを行っています。
アロマセラピーを勉強された講師をお招きして、アロマを本格的、かつ手軽に生活に取り入れ、日々のリラックスに役立てることを目的に行っています。

物からとれる天然のオイル(精油)を用いることで、安全に心と体の不調を整えること、予防することができるといわれています。欧米では薬品として医学的なアプローチとしても積極的に利用されている療法です。
こちらの小瓶の中に製油が入っています。馴染みのあるような植物から、全く見聞きすることの無いものまで、たくさんの種類があります。精油はとてもデリケートで、一度開封すると酸化していき、香りが変化していくため、こういった遮光瓶に入れて、大切に保管しています。
心を落ち着かせる、気分を高揚させる、不安を和らげるなど心の不調から、風邪予防、肌を整える、自律神経を整えるなど体の不調にも効果があるとされています。各植物によって、効用が異なります。

数ヶ月に一度、アロマオイルを使って日用品を作るアロマクラフトのを設けています。
今回は「サシェ(におい袋)」を作成しました!
靴箱や、クローゼットに忍ばせて香りを楽しめる、日常使いのしやすいクラフトです。

好きな香りの精油をご自分で調合し、コットンに染み込ませ、かわいらしい不織布で包んで完成です。普段、自分の好きな香りを好きなように組み合わせられる機会はあまりないため、皆さん真剣に、香りや効能を考えて調合していらっしゃいました。

週始めの月曜日の朝、憂うつな気分になったり、疲れが残っていたりと体調が万全でないことは誰しもが経験していると思います。
そんな中でも復職に向けて、リワークに参加する気持ちを少し後押しできればという思いもあって、月曜日の朝にアロマセラピーを実施しています。
通常は、講師の調合したアロマオイルを使って、ハンドマッサージをしたり、全身をほぐすストレッチ、思念を整理する自己統制法などを行って、心身をリラックスさせていきます。

リワークのプログラムがきっかけで、日常生活にアロマを取り入れているという声を多く耳にします。休職中だけでなく、復職後のリラックスにも役立てて下さっているようで、嬉しく思います。