土曜日の座談会

2019年9月21日

みなさま、こんにちは。

今回は、土曜日のクローバーで開催している”座談会”についてご紹介します。

クローバーでは、平日に加えて第1・3・5土曜を開室しています。 土曜日は主に、クローバーを卒業して復職された方が、フォローアップの場としてご利用されています。

慌ただしく過ぎていく毎日の生活の中では、大なり小なり、様々なモヤモヤが心の中に募りますよね。そうしたモヤモヤをため込んでいると、気分が落ち込んでいったり、身体的な不調として現れやすくなります。

座談会は、設定されたテーマをもとに、みなさんが心のモヤモヤを吐き出し、自由に話ができるプログラムです。毎回、4~5人のチームに分かれて実施しています。

ただ話すだけ?と思われるかもしれませんが、クローバー卒業生のみなさんは、休職という同じ経験を持つ仲間同士です。だからこそ、悩みを本音で話しやすい、親身になって聞いてもらえる、心からの共感が得られやすいというメリットがあります♪ 

ある日のテーマ例
座談会の様子
とても和やかな雰囲気です

昨年の3月に始まってから1年半がたちますが、以下のような感想を頂いています。

  • クローバーで取り組んだことを思い出すきっかけになっている。復職して時間が経ったり、仕事が忙しかったりするとどうしても忘れてしまうので。
  • 誰かに気を遣うことなく、自分の話したいことが話せる。職場や家族、友人には言いづらいことも、自分と似た境遇を経験してきた仲間が相手だと安心できる。
  • 心の解放、リラックスになっている。座談会で話すことが、わずかでも仕事に活きているように思う。
  • 『話すことを求めているんだな』、という自覚が出来た。

「こんな話をみんなに聞いてもらうのは申し訳ない」「場を暗い雰囲気にしたくない」といった気持ちから、語ることを遠慮してしまう方は、実は少なくありません。ですが、心のモヤモヤを吐き出して誰かに聞いてもらうことや、共感を得られることは、それだけでもストレス対処という面で大きな効果があるものです。

土曜日の座談会を上手に活用してみませんか?みなさんの参加をお待ちしています!