作業療法士のブログ カテゴリー一覧

記事アーカイブ

‘作業療法士のブログ’ カテゴリー

皆様こんにちは高齢者デイケアの作業療法士です。
今月初めに、高齢者デイケアでは利用者の皆様とお花見に行きました!

今回はデイケア近くの神社まで散歩をしながら向かいましたが、
春の陽気が暖かくとても気持ちよかったです。
利用者の皆様も普段は室内で体操などをして身体を動かすことが多いですが、「歩くことでいつもより良い運動になった」との声も聞かれました。
お花見中も、「桜がとても綺麗」、「すごく立派な桜の木だ」、「季節を感じられて良い」との感想が聞かれ皆様楽しまれているご様子でした。

こういった季節の行事を通して四季を感じることも、とても大切なことですので、今後も様々なイベントをデイケア内で企画していきたいと思います。
ぜひ皆様これからもイベントや日々の活動を楽しみにデイケアにご参加してくださいね!

みなさんこんにちは。復職支援デイケア担当の作業療法士です。
今回は私が時折参考にさせて頂いてる情報サイトを紹介したいと思います。

厚生労働省が運営している「こころの耳」というポータルサイトです。
働く人、家族、会社、支援者と様々な立場の人を想定したメンタルヘルスに関する情報を発信しているサイトです。

病気の基本的な知識、ストレスのチェックやセルフケアのポイント、職場での対応、休職や復職に関する法律など、メンタルヘルスに関する情報が幅広く紹介されています。

私が特に参考にしているコンテンツは「こころの耳Q&A集」です。こちらはよくあるメンタルヘルスに関する相談に対する専門家がアドバイスを一覧にしたものです。病気の当事者だけでなく、その周りの人々からのQも載せられているため、多角的な支援の参考になると感じています。

この記事だけでは紹介しきれないほどの情報がこころの耳にはあります。興味を持った方はぜひ見てみて下さい。メンタルヘルスに関わる方それぞれにヒントが見つかるのではないかと思っています。

URL
こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト (mhlw.go.jp)

土曜日リワーク

2022年1月31日

みなさんこんにちは。復職支援デイケア担当の作業療法士です。

当院のリワークでは第1、3、5の土曜日も開所しています。復職した方を対象としたフォローアップの時間として提供しています。

基本的には座談会というプログラムを通して復職後の悩みや再発予防のポイントなどをメンバー同士で共有、相談する場として活用していただいています。
その他、週によって室内スポーツや、アロマセラピー、個人発表などを行う事もあります。

先日はこのようなテーマで座談会を行い、皆さんでお話しました。

復職してしばらくすると、つい再発予防の意識が薄くなりがちです。休職中にリワークで学んだことを思い出すきっかけとしても利用できます。

何よりも同じ経験をしているメンバーと同じ立場で話をすること自体が日々の疲れを癒したり、仕事に健康的に向き合えることに繋がる効果もあると考えています。

皆さまこんにちは。復職支援デイケア「クローバー」の作業療法士です。
秋も深まり、体調管理により一層気を付けたい季節になってきましたね。
さて、今回は体調管理のポイントの一つである運動について、クローバーで行っているプログラムを紹介します。

毎週水曜日PMは運動プログラムを実施しています。室内でできるゲーム性のある軽スポーツから、しっかりと体を動かすものまで、毎週異なった運動プログラムがあります。その中のひとつとして講師をお招きして『バレトン』を行っています。

バレトンとは?
バレエ、ヨガ、フィットネスを組み合わせた運動。
柔軟性のあるバレエの動きやヨガ、筋トレ、有酸素運動が合わさった動きを行います。
強弱をつけて体を動かし続けるので、しっかりと体を動かし、汗をかけます。

バレエと聞くと女性のしなやかな動きを想像しがちですが、バレトンでは老若男女問わず参加することができます。体の固さも関係なく、体のコンディションに合わせて調整も可能です。

★利用者の声
「いい汗をかける」
「疲れるけど、心地よい疲労感がある」
「たくさん動くことでスッキリする」
「最後のクールダウンでリラックス感を得られる」 
など、運動効果を感じて下さっている方が多くいらっしゃいます。

休職をしている方の中には体力の低下や、復職後の体力が持つか心配という方も多くいらっしゃいます。自分で運動を継続するのは大変ですが、プログラムの一環であれば実行するチャンスも増えます。こういった運動プログラムを機に運動や体について考える、行動する機会が増えたら嬉しく思います。


みなさま、こんにちは。復職支援デイケア担当の作業療法士です。

クローバーの主要プログラムの1つであるSST(Social Skills Trainingソーシャルスキルトレーニング;社会生活技能訓練)についてご紹介します。

SSTとは…
社会生活を送る上で必要な対人交流場面に焦点を当てたコミュニケーションのトレーニングのことです。
コミュニケーションは私たちの生活や仕事場面で必要となります。対人場面で苦手さや難しさ、ストレスを感じることが誰でも一度はあると思います。 SSTの時間では、そういった場面を取り上げ、 “自分らしさを活かしたコミュニケーション方法とはどのようなものか”、 “どのような工夫をすれば心の葛藤を溜めずにすむのか” …などについて、ロールプレイ(実際にやってみること)を取り入れながら、参加者のみなさんと考え、練習していきます。

クローバーのSSTは3ヶ月1クールで行っており、以下の2つから構成されています。

————————————————————————————-

・集団SST:   誰もが経験するであろう1つの場面を設定し、参加者みんなでディスカッション及び練習を行う。

・個別SST:   発表者1名が取り組みたい個別の場面を設定し、参加者みんなでディスカッションする。  発表者が練習する。

————————————————————————————-

今回も9月から新クールが始まり、すでに集団SSTを行っています。参考にこれまでのテーマを簡単にご紹介します。

  ・初めて会う人との簡単な会話や自己紹介
  ・休職中の会社への報告
  ・物事を断る、お願いする
  ・自分の気持ちを伝える
  ・伝えにくいことを相談する   など

なかなか苦手な場面に取り組むことは容易ではありませんが、リワークではメンバーが同じ境遇や、体験をしていることから少しそのハードルが下がっている面もあるように思います。
何事も一人で取り組まず、ともに考え、協力してくれる仲間がいる環境はリワークならではだと気づかされます。