作業療法士のブログ カテゴリー一覧

記事アーカイブ

‘作業療法士のブログ’ カテゴリー

皆さんこんにちは。復職支援デイケア「クローバー」の作業療法士です。
秋も深まってきました!旬の美味しいものを食べて健康的に過ごしたいですね。

さて、今回はリワークの取り組みがどのように職場復帰や再発予防に繋がるのかについてお伝えしたいと思います。いくつかポイントがありますが、そのうちの一つ「生活リズム」について取り上げてみます。

安定した職業生活において、活動、睡眠、食事、休息のリズム、バランスが重要という話は病気の有無にかかわらず耳にしますよね。

決まった時間、決まった場所に通う

リワークに通うと、「決まった時間、決まった場所に通う」ことになります。
復職後は会社に「決まった時間、決まった場所に通う」ことになります。
行先や活動は異なりますが、「決まった時間、決まった場所に通う」ための工程の多くは共通していると思います。

リワークの開所(会社の始業)に間に合うためには、朝〇時には起きる、そのためには夜〇時には寝る、そのためには夕食を〇時には食べる…などのリズムは「決まった時間、決まった場所に通う」ためには必須です。
心身に負荷がかかっていたり、病気の回復途上にある方はこのリズムをとることが難しくなるケースが多くあります。

日々の積み重ねが重要!

生活リズムの安定は薬を飲んだらリズムが整うというような治療薬はなく、日々の生活の中での意識づけや、実践の積み重ねが必要となります。
(例:朝起きるための工夫を考えて実践→検証→再実践…)
そのため、一朝一夕では社会生活に適応しやすいリズムや、自分に合ったリズムを見つけることが難しいのです。そこでリワークを用いて、徐々に「決まった時間、決まった場所に通う」練習をしながら自分に合ったリズムを探っていきます。

医療リワークならではの支援があります

リワークではただ練習する場の提供ではなく、医療の専門職が各視点から一人一人の利用者様の支援にあたっています。(医者、看護師、臨床心理士、精神保健福祉士、作業療法士など)
私は作業療法士ですが、作業療法士の強みである日常生活作業の細分化や分析、利用者様の得意な点を活用する視点を大事にして関わらせて頂いています。
このように 生活リズム一つとっても、各職種のアセスメントの視点や得意なアプローチは異なります。 各職種の様々な視点、対応策を統合して一人の利用者様を支援できることが医療リワークの一つのメリットだと考えています。

一人で復職のステップを考え、実行するのは並大抵のことではないと思います。ぜひ、各スタッフや、リワークのプログラム、他の利用者と力を合わせて健康的に働くヒントを見つけていきましょう。

大宮すずのきクリニック高齢者デイケアの作業療法士です。

7月28日に「ハワイアンイベント」を行いましたので、ご報告いたします。

なかなか遠出できないこのコロナ渦で少しでも非日常の気分を味わっていただこうと、そしてこの暑い夏の癒しになればと思い開催しました。

内容は、①“ハメハメハ”笑いヨガ、リンボーダンス、ファイヤーダンス、②フラダンス、③リボンレイのストラップ作りと、盛りだくさん!!

①♪南の島のハメハメハ大王 に乗せて、ハメハメわっはっはー\(^o^)/ そしてスタッフによるリンボ―ダンスとファイヤーダンスの熱いパフォーマンスにくぎ付け☆

②フラ体操の講師、フラダンス大好き♡看護師、そして本場ハワイ(?)からフラガールを招いて、みんなで一緒にダンス♪フラガールからレイをもらってみなさん嬉しそうでした。

③ハワイらしい飾りのリボンレイ。難しかったと思いますが、みなさん頑張って作っていました。カラフルで、とても可愛く出来ていましたよ♡

今月も楽しい、そして夏を感じられるイベントを開催します!お楽しみに!

皆様こんにちは復職支援デイケア「クローバー」の作業療法士です。
暑い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
熱中症に気を付けてお過ごしくださいね。

さて、今回は復職支援デイケア内で復職後に役立ったとお声を多くいただいている「グループワークトレーニング」(通称GWT)について紹介いたします。

今クールは7月よりオリエンテーションを行い、実施しています。

4つの大テーマを週1回、3か月かけて実施します。
それぞれのテーマでポイントや目的は異なりますが、どのテーマでもグループでのワークやディスカッションが必ずあります。
その中で自分の行動や考え方の癖を知り、休職要因の整理や、再発予防策につなげていきます。

他者のやり方を見たり、他者に自分のことを伝えることで自己理解や他者理解を深めることを目指しています。

リワークではこういったプログラムを通して、復職後も健康的に長く働くことを支援しています。

みなさん、こんにちは。

大宮すずのきクリニック高齢者デイケアの作業療法士です。

本日、関東では梅雨明けが発表され、とても暑い日となりました。

話は変わりますが、6月18日(土)と25日(土)に1名ずつ実習生さんが来てくれました。お二人とも東京の学校で作業療法士の勉強をしている2年生の学生さんでした。

当デイケアに実習生さんが来てくれたのは、コロナウイルスが流行してからは初めてです。実に3年ぶりです!

久しぶりの実習生さんに、スタッフも利用者様も良い刺激を受けることができました。

実習生さんにとっても何かを学ぶことができた一日になっていれば幸いです。

今後の活躍を期待しています☆

皆さま、こんにちは!復職支援デイケア「クローバー」の作業療法士です。
気候の安定しない日々が続き、心身への影響も出やすくなりますね。
ご自分の心や体に目を向けて活動や休息のバランスをとっていきたいものです。
さて、今回は人気プログラムのアロマについてご紹介いたします。

アロマプログラムでは…
香りでリフレッシュ、精油の効能で体や気分が楽になるきっかけを作ることができます。毎週ブレンドが変わるので、アロマの知識が増えたり、自分の好きな香り、リラックスする感覚がたくさん積み重なっていきます。
また、月曜日の憂鬱な気持ちを少し助けてくれるようなプログラムでもあります。 利用者の多くの方が、参加するごとにアロマの魅力にはまっている印象です♪

«アロマプログラムの流れ»
①本日のブレンドの紹介
②リンパマッサージ
③ハンドマッサージ
④全身・部位・お悩み別ストレッチ
⑤呼吸法・自己統制法

本日のブレンド

今回は抗菌や消毒といった作用のある精油を紹介して頂きました。
キッチン周りで活躍するものから制汗や消臭といった体に使えるものもあり、精油の力の幅広さ、奥深さを実感します。
講師が、化学成分による効果とアロマの効果は同じではないが、自然由来の力を借りて悪化を防いだりすることには長けていると話して下さっていました。悪くなってからではなく、事前に気を配ることにもつながると考えるとアロマの使い方も健康のための私たちの日々の工夫にも通じるところがあるなと感じました。